TOP まつ毛・眉毛コラム

2024.2.5

まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトはどっちがいい?特徴や違いを比較しながら解説!

「まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトってどっちがいいの?」「まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトの違いが知りたい!」このようなお悩みはありませんか?

本記事では、「まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトではどっちがいいのか」について解説します。それぞれのメリットとデメリットについても比較しながら解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ロレインブロウでは、お客様のまつ毛や眉毛のお悩みに合わせて最適な施術をご提供しています。

  • お客様一人ひとりのまつ毛・眉毛に合わせた施術
  • 厳選した器具と確かな技術力
  • 美容業界の最先端を走るスタッフ

どんな些細なお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。

https://lorraine-brow.co.jp/category/salon_kanto/

まつ毛パーマとパリジェンヌはどっちがいい?パリジェンヌの特徴について解説!

パリジェンヌとは、「パリジェンヌラッシュリフト」というまつ毛パーマの一種です。専用のセッティング剤を使用して、日本人に合うまつ毛の角度と言われている、80度にまでまつ毛の根元を上げられます。

まつ毛を根元から上げるため、元のまつ毛を生かした自然なカールに仕上がることが特徴です。個人差はあるものの、効果は約4〜6週間ほど続きます。「次世代まつ毛パーマ」といわれているほど、人気のある施術です。

まつ毛パーマとパリジェンヌの違い

まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの異なる点3つは以下の通りです。

  • 薬剤・道具・技術が違う
  • まつエクと併用できるかどうか
  • まつ毛へのダメージ度合いが違う

それぞれの違いについて解説していきます。

薬剤・道具・技術が違う

まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトの違いの1つ目は、「薬剤・道具・技術が違う」という点です。まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトでは、施術で使用する薬剤やまつ毛を巻きつける「ロッド」の種類、技術がそれぞれ異なります。

薬剤ロッド技術
まつ毛パーマ化粧品登録されたパーマ液を使用する。まつ毛のデザインに合わせて使用する。「ビューラー」でまつ毛を上げることもある。自由度の高いデザインで施術できる。
パリジェンヌラッシュリフト化粧品登録された専用のセッティング剤を使用する。まつ毛の根元を80度に上げる専用のロッドを使用する。目元の形に合わせたデザインで施術できる。

まつエクと併用できるかどうか

まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトの違いの2つ目は、「まつエクと併用できるかどうか」という点です。まつ毛パーマはまつ毛全体にパーマをかけるため、まつエクを装着する接着面が残りません。

一方、パリジェンヌラッシュリフトは根元にだけカールをかけるため、まつエクを装着する接着面が残ります。そのため、パリジェンヌラッシュリフトのみ、まつエクと併用可能です。

まつエクと併用する際はまつ毛にかかる負担を考えて、パリジェンヌラッシュリフトの施術から3日〜1週間ほど空けてから行いましょう。

まつ毛へのダメージ度合いが違う

「まつ毛へのダメージ度合いが違う」という点が、まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトの3つ目の違いになります。まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトはどちらも、まつ毛に負担をかけてしまう施術です。

その中でも、パリジェンヌラッシュリフトのセッティング剤は、まつ毛パーマで使用されるパーマ液よりも負担が少ないとされています。

まつ毛パーマのメリット3選

まつ毛パーマのメリットは、以下の通りです。

  • デザイン性がある
  • 一重や奥二重は目が大きく見える

それぞれのメリットについて、解説していきます。

まつ毛パーマのメリット①デザイン性がある

まつ毛パーマのメリット1つ目は、デザイン性があることです。まつ毛パーマで

使用されるロッドには、たくさんの種類があります。そのため、デザインに合ったロッドを選べば、その都度カールのかけ方を変えられます。

まつ毛パーマのメリット②一重や奥二重は目が大きく見える

まつ毛パーマのメリット2つ目は、一重や奥二重は目が大きく見えることです。一重や奥二重で目が小さく見えたり、まぶたが重なって目元が重く見えたりしてしまう方は多いのではないでしょうか。

まつ毛パーマはまぶたを引き上げる効果もあるため、一重や奥二重の人がまつ毛パーマをかけると、目が大きく見える可能性があります。カールの強さやかけ方なども調節できるので、目の開き具合を調整したい方にもおすすめです。

まつ毛パーマのデメリット2選

まつ毛パーマのデメリットは、以下の通りです。

  • まつ毛に負担をかける可能性がある
  • 長さが出しにくく、まつエクと合わない

それぞれのデメリットについて、解説していきます。

まつ毛パーマのデメリット①まつ毛に負担をかける可能性がある

まつ毛パーマのデメリット1つ目はまつ毛に負担をかける可能性があることです。まつ毛パーマでは、化粧品登録された薬剤が使用されているとはいえ、少なからずまつ毛に負担がかかっています。そのため、まつ毛パーマをかけた後は、まつ毛のケアが欠かせません。

まつ毛パーマ後は、ケラチンタンパク質や加水分解コラーゲンなどが含まれたまつ毛美容液を塗るようにしましょう。

まつ毛パーマのデメリット②長さが出しにくく、まつエクと合わない

長さが出しにくく、まつエクと合わないことが、まつ毛パーマの2つ目のデメリットになります。まつ毛パーマは、まつ毛をカールさせるだけの施術です。カールでまつ毛を長く見せることはできても、まつ毛の長さ自体は伸ばせません。

また、まつ毛パーマをかけた後は、まつエクがつけられません。まつ毛パーマはまつ毛全体にカールをかけるため、まつエクをつける接着面が残らなくなります。どうしてもまつエクをつけたい時は、まつ毛パーマの施術から2ヶ月開けてからつけるようにしましょう。

パリジェンヌラッシュリフトのメリット2選

パリジェンヌラッシュリフトのメリットは、以下の通りです。

  • 地まつ毛を長く見せる効果がある
  • まつエクと併用できる

それぞれのメリットについて、解説していきます。

パリジェンヌラッシュリフトのメリット①地まつ毛を長く見せる効果がある

パリジェンヌラッシュリフトのメリット1つ目は地まつ毛を長く見せる効果があることです。まつ毛を根元から立ち上げる施術のため、元のまつ毛を自然に上げられます。

さらに、まつ毛が下がって影になることがなくなります。むしろ瞳に光が入って、目元が明るくなるでしょう。

パリジェンヌラッシュリフトのメリット②まつエクと併用できる

パリジェンヌラッシュリフトのメリット2つ目はまつエクと併用できることです。パリジェンヌラッシュリフトは根元のみにカールをかけるため、まつ毛パーマのように、まつエクの接着面が無くなることがありません。

そのためパリジェンヌラッシュリフトであれば、まつエクとの併用が可能になります。パリジェンヌラッシュリフトとまつエクを併用する際は、パリジェンヌラッシュリフトの施術から約3日〜1週間ほど開けてから、まつエクをするようにしましょう。

パリジェンヌラッシュリフトのデメリット2選

パリジェンヌラッシュリフトのデメリットは、以下の通りです。

  • デザイン性はないため後悔する可能性がある
  • まつ毛が短い・部分的にないと不自然に仕上がる

それぞれのデメリットについて、解説していきます。

パリジェンヌラッシュリフトのデメリット①デザイン性がないため後悔する可能性がある

パリジェンヌラッシュリフトのデメリット1つ目はデザイン性がないため後悔する可能性があることです。パリジェンヌラッシュリフトは根元のみにパーマをかけるため、デザイン性はあまりありません。

パリジェンヌラッシュリフトのデメリット②まつ毛が短い・部分的にないと不自然に仕上がる

パリジェンヌラッシュリフトのデメリット2つ目はまつ毛が短い・部分的にないと不自然に仕上がることです。元のまつ毛が短い・部分的にないと、まつ毛同士の隙間が目立って、不自然に見えてしまうことがあります。

元のまつ毛が短い・部分的にない場合、まずはまつ毛を生やしてから、施術を受けるようにしましょう。

まつ毛パーマが似合う人とは

まつ毛パーマが似合う人とは、どのような人なのでしょうか。特徴を紹介します。

  • 自然なカールを目指したい
  • :一重・奥二重・まぶたが厚い
  • まつ毛のカールをデザインしたい

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

自然なカールを目指したい

まつ毛パーマは、自然なカールを目指したい人におすすめです。まつ毛パーマはデザインに合わせてロッドの種類を変えられるため、カールの強さも調整できます。そのため、

弱めにカールをかけてもらって、自然なカールにすることも可能です。

メイクをする際にビューラーでまつ毛をあげなくても良いので、手間や時間が省けます。カールが長期間キープされるのも嬉しいポイントです。

一重・奥二重・まぶたが厚い

まつ毛パーマは、​​一重・奥二重・まぶたが厚い人にもおすすめです。まつ毛パーマはまつ毛をカールさせることによって、まぶたを引き上げる効果もあります。

そのため、​​一重・奥二重・まぶたが厚い人がまつ毛パーマをかけると、目が大きくなったり、二重になったりする可能性があります。

まつ毛のカールをデザインしたい

まつ毛パーマは、まつ毛のカールをデザインしたい人にもおすすめです。まつ毛パーマに使用するロッドにはさまざまな種類があり、ロッドに合わせてまつ毛のデザインを自由に変えられます。

まつ毛のデザインにこだわりがある人は、パリジェンヌラッシュリフトよりも、まつ毛パーマの方がおすすめです。

パリジェンヌが似合う人とは

続いて、パリジェンヌラッシュリフトが似合う人について解説していきます。

  • 目元を明るくしたい
  • 元のまつ毛の長さを生かしたい
  • まつエクと併用したい

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

目元を明るくしたい

パリジェンヌラッシュリフトは、目元を明るくしたい人におすすめです。パリジェンヌラッシュリフトは根元からまつ毛を立ち上げるため、まつ毛の影ができにくくなります。また、瞳に光が入りやすくなって、目元が一気に明るくなるでしょう。

元のまつ毛の長さを生かしたい

パリジェンヌラッシュリフトは、元のまつ毛の長さを生かしたい人にもおすすめです。パリジェンヌラッシュリフトは、まつ毛の長さを伸ばす施術ではありません。しかし、根元からまつ毛が立ち上がることで、まつ毛が伸びたように感じることがあります。

元のまつ毛と長さは変わっていないのに、まつ毛が伸びたように見えるため、自然にさりげなく目元の印象を変えられます。

まつエクと併用したい

パリジェンヌラッシュリフトは、まつエクと併用したい人にもおすすめです。パリジェンヌラッシュリフトはまつ毛の根元のみにパーマをかけるため、まつエクとの併用が可能です。

まつエクと併用すれば、まつ毛にボリュームも長さも出せるので、さらに目元が華やかになります。メイクの手間や時間も減らせるでしょう。

まとめ

本記事では、まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトの違いについて解説してきました。まつ毛パーマとパリジェンヌラッシュリフトのどっちがいいかは、「まつ毛のデザインにこだわる人」や「まつエクと併用したい人」など、人によって違います。

本記事で得た情報を元にして、ぜひ自分にあった方を選んでみてください。

ロレインブロウでは、お客様のまつ毛や眉毛のお悩みに合わせて最適な施術をご提供しています。

  • お客様一人ひとりのまつ毛・眉毛に合わせた施術
  • 厳選した器具と確かな技術力
  • 美容業界の最先端を走るスタッフ

どんな些細なお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。

https://lorraine-brow.co.jp/category/salon_kanto/